2013年06月16日

イランへの高官級調査団、2月下旬に再派遣

国際原子力機関(IAEA)は、イランの核兵器開発疑惑を解明するための高官級調査団を21~22日の日程で、同国に再び派遣する考えを明らかにした. 1月末に派遣した調査団は核関連施設を訪問できず、疑惑解明につながる成果を十分にあげられていなかった. 天野之弥(ゆきや)事務局長が声明を出して再訪問すると表明し、「IAEAは(イラン側との)対話に尽力する. 実質的な進展が得られることが重要だ」とした. IAEAの調査団は1月29~31日、テヘランを訪れてイラン当局者と核問題について協議した. biddihotco 関係者によると、IAEAは核関連施設への立ち入りを想定していたが、イラン側が許可しなかったという. フェラガモ 通販 天野氏は、イラン核問題の解明を「今年の重点課題」と位置付け、調査団の成果を3月の定例理事会で報告する予定だ.
posted by FujitaIsako at 12:29| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。